若狭牛


30年以上の歴史ある福井県産和牛の最高級ブランド「若狭牛」の中でも、おいしさを示す

三ツ星若狭牛とは?

 30年以上の歴史がある福井県産和牛のブランド

「若狭牛」の中でも、おいしさを増すオレイン酸含量が

特に高いもの(牛脂中55%以上)を

「三ツ星若狭牛」として認証しています。

 サシが密で、きめが細かく風味が良いと評判の若狭牛ですが、

さらに牛肉の食味(香り・食感)が豊かな、新しい福井県産和牛ブランドです。


認定農場で生産された安全安心な牛肉。

三ツ星若狭牛はストレスの少ない環境で飼育されています。

全国団体が定めた牛の使用飼養管理基準をもとに、

県が現地確認を行った農場で生産された牛肉のみを認証しています。


三ツ星若狭牛の肉質基準。

肉質の基準は、牛肉取引規格で肉質等級

3等級以上かつ脂肪交雑4以上

およびオレイン酸の含有率55%以上のものです。

 

※脂肪交雑とは、(社)日本食肉格付協会が牛肉の脂肪の度合いを12段階に区分したものです。

 

※オレイン酸とは、牛肉の脂に含まれる不飽和脂肪酸の一種で。

 おいしさに強く関与すると言われており、脂肪酸簡易測定装置で測定します。


おいしさを凝縮するオレイン酸の秘密。

オレイン酸とは、体に良いと言われている不飽和脂肪酸の一種で、

オリーブオイルの主成分です。

 

オレイン酸が多いほど、脂肪の融点が低くなり、

いわゆる口どけの良い脂になります。とろける脂は、舌の上をコーティングし

うまみ成分とバランスよく交わることで、

和牛肉特有の風味を口いっぱいに広げ、サシの多い和牛肉でも、後味がサラッとまろやかに感じられます。